2007年09月29日

テニスのコツ

テニスのプレー上達の過程では、なるほどと思わせることがあります。

それに気づくと、いままでうまくいかなかったことがうそのように、プレーに開眼したりします。また開いた目が閉じてしまうことも無きにしもあらずですが(汗)。
これは、テニスに限ったことでもありませんよね。

banner2.gif <=人気blogランキング。投票してね!

たとえば、相手がストロークで強打してくる時、
振り遅れてしまい安定して打ち返せないことがあります。

私の場合は、次のように考えることでだいぶ返球が安定してきました。
まず、
・相手が打つ瞬間に注意を払い、左右どちらに飛んでくるかを判断する。
・その直後にフォアまたはバックのテークバックを完了するように心掛ける。

これだけに注意を集中するとストロークも安定してきて、確率も上がってきた気がします。

また、サーブでは、
”打ち込む感覚よりは打ち上げる感覚をもつこと”
これでサーブが入る確率が上がった気がします。

また、ボレーですが
以前テレビのチャレンジマッチで
松岡修造氏がボレーがうまく打てない芸能人に短期上達の秘策を教えていましたが
これは使えますね。

”ボレーの打ち方はじゃんけんでグーを出す感覚”
と教えてました。

なるほどでしたね。
この教え方にはボレーで必要な2つのエッセンスが含まれていますよね。

グーを出す感覚で打つと
1.ラケットを後ろに引きすぎて振り遅れることがない。
2.ラケットを振り回さず、押す感覚でボールを打てる。

ができるようになります。

じゃんけんを意識することでこの2つを同時にできるようになるのですから不思議ですね。

自分にあった気づきやコツについては大切にしていきたいですよね。

posted by テニスマン at 16:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
テニスマンさん、こんにちは。
僕は今ボレーでどつぼにはまっています。
ネットよりかなり浮いたボールを決めるのはいいのですが、ネットより低い位置やほぼ同じ高さでスピードがあったりするボールをつなぐのがうまくいきません。
”ボレーの打ち方はじゃんけんでグーを出す感覚”はなるほどと思いましたが練習ではラケットの面を上手くあわせられないでフレームに当たったりしています。
まだまだ練習が足りないようです・・・でもそうやって自分なりの上達のコツに気付いていくことが大切なのかなと思ったりしています。
Posted by おやじ at 2007年10月14日 14:22
おやじさん

いつも訪問ありがとうございます。
コメントいただくと大変励みになります。

そうですね。
ネットにつめる途中で打つハーフボレーや
ネットより低い位置で打たされるボレーは難しいですよね。
私も苦手です。

私の場合失敗する原因となっているのは膝が使えていないときですね。

ボールとラケットと目の位置の距離を一定に保てるとボレーはうまくいくのですが、低いボールの時はその関係が崩れていることが多いです。
それは、膝のクッションが使えていないときですね。

わかっているのですが流れる動きの中で膝のアジャストがおろそかになります。

私も練習しないと。。(汗。。)
Posted by テニスマン at 2007年10月21日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。