2007年08月15日

テニス用品あれこれ

テニスに必須のテニス用品
それはラケットとシューズですよね。

特にコートのサーフェースが柔らかい土のコート(クレー、アンツーカー等)やオムニコートの場合は
裏に凹凸のない”テニスシューズ”でないとNGですよね。

”テニスシューズ”はコートに凹凸を作らない効果と、足を滑らせて膝の負担を軽減する効果があって、
コートにもプレーヤーにも優しいものです。

ローンコートもやはり裏に凹凸のない”テニスシューズ”でないとNGなんですかね。
プレーしたことがないのでよくわかりませんが。
関係ないですが、ゴルフでは芝の間に空気が入るようスパイクつきの靴を履いたりしますが、、、 (^^ゞ  

ハードコートはコートに優しいという点では、靴底が柔らかい運動靴素材であればよい気がします。

テニスシューズにはこのように気配りがいりますが、

テニスラケットは自分の好みで選択自由ですね。。

形,色,フィーリング。
スイートスポットの広さ。
フレームの重さ、硬さ。


などでラケットフレームを決め
腕力やプレースタールによって、ガットの張り方を調整する。。

ということになると思います。

banner2.gif <=人気blogランキング。投票してね!

それ以外のテニス用品は、必須項目ではありません。

プレーの補助的用品、ファッションに近いアクセサリー的用品などがあると思います。

リストバンド
ヘアバンド
サポーター
ボールのホルダー(プレー中女性が腰につけたりしていますね)
キャップ、サンバイザー
サングラス
グリップテープ
冷却スプレー(捻挫、熱中症対策として対象部分を一時冷却)


いずれもNICE TO HAVEでしょうかね。

私の場合、リストバンド、ヘアバンドあたりは、汗止めや髪留めというよりは、ファッション的な意味合いが強く、

お気に入りのプレーヤーにスタイルに影響されてましたね。 (^^ゞ  
こじつければ、
リストバンドは私自身手首が弱いので、おまじないの意味でをつけていました。

このあたりからは個々のプレーヤーのこだわりでしょうね。
それもテニスの楽しみ方のひとつだと思います。


テニス用品ではありませんが、
体が楽になる、こんな用品(ボールでなくポール)ご存知ですか?

整体やマッサージに通わなくても、
肩こりと縁のない体が簡単に手に入る、不思議なポールとは・・・
----> http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=15ZDR9+F006GI+12K2+NUES3

私の場合、猫背で、肩や背中のコリがひどいのですが、
エクササイズ直後、背中がまっすぐになったという自覚症状をもててすっきりしました。

背骨の矯正にオススメ!ですよ。
posted by テニスマン at 11:50 | Comment(6) | TrackBack(2) | 日記
この記事へのコメント
>プレーの補助的用品

心配性な私は、こういうのを持ちすぎて
テニスバックはいつもパンパンです。
ちょっとした捻挫とかなら十分処置できる準備があります(笑)。

いろいろ持っていると安心なんですよ。
って言うか、いろいろ持ってないと不安なんです〜。

まずメンタルから鍛えないとダメですね。
Posted by 丸坊主 at 2007年08月15日 21:48
テニスシューズについてクレー、オムニ用の靴底は比較的軟らかめでかつ小さな突起がいくつもついているのが特徴です。この突起によって土や人工芝に食いついてグリップを高めています。そして素材が軟らかいのでコートへのダメージも少ないのです。芝用のテニスシューズも存在します。ただし需要が非常に小さいためかお目にかかることはありません。ハード用の靴は靴底の耐摩耗性を向上させるため硬めの素材を使っています。一般的にハードコートといってもトップコートの種類は沢山あるため、それに合わせたハードコート用のシューズの開発は困難だと思います。そこで一般的には耐摩耗性の向上と、クッション性の向上をハード用のシューズで実現しているようです。通常のスポーツシューズでは、テニスの動きを考慮されていないものでは、すぐに靴が傷んでしまったり、スリップしやすかったり、クッション性が良くなく、膝へのストレスが大きくなったりとデメリットがいくつも考えられます。出来ればサーフェスにあったテニスシューズを用意したいものです。
テニスラケットの性能を決めるポイントには重量・長さ・バランスポイント・フレーム剛性とあり、同一モデルといえども全てが全く一致するの物はこの世の中で2本と無いと言われています。工業製品ゆえばらつきはどうしても避けられないものです。選択のポイントは、ハードヒットすることなくリラックスした状態で自分のイメージどおりのボールを打てるラケットを選ぶことになります。数値データだけではラケットの性能は分かりませんから、実際に試打をすることになります。
以上ご参考までに
Posted by テニスリゾート99 at 2007年08月16日 00:04
丸坊主さん

コメントありがとうございます。

試合や実践練習のために、
実用的用品を用意されているのですね。
頭が下がります。

いろいろと持っていると、試合中も練習中も安心感があっていいですね。

まさかの時の意識が薄かったなと反省しきりです。
”備えあれば憂いなし”
見習いたいと思います。

Posted by テニスマン at 2007年08月16日 02:16
テニスリゾート99さん

コメントありがとうございます。

サーフェスにあわせたテニスシューズを用意することが理想ということですね。ふむふむ。

ついついコートを傷めないシューズであることを最優先してしまいます。
そういう意味では土コート用のものがつぶしがきくのではと思い、クレーコート用のシューズを選びすべてのコートでプレーしています。

でも本来は、膝をはじめとする身体にも優しいものという配慮が必要ですよね。
土コートも傷めにくいものなのであれば、”耐摩耗性の向上と、クッション性の向上”
の観点でハードコート用シューズを選択したいなと思いました。
本当は2種類は持つべきなのでしょうが。。。。

ラケットについての選択のポイント、
”ハードヒットすることなくリラックスした状態で自分のイメージどおりのボールを打てるラケット”
というのは、なるほど参考になります。

試打できるところってあるんですかね。できれば、コートで伸び伸びと打って確認したいですものね。

また私は正式な試合に出ることはほとんどないので、同じラケットのスペアでもっていないのですが、
本来試合中ラケットのガットが切れたり破損した時に備えて、複数本同仕様のラケットを同時発注し、練習時も交互に使っているものなのですよね。

そうすることでどのラケットも練習中に少しずつ緩んだガットの感覚が同じになるということだと思っていましたが、それだけでなく工業製品には避けられない微妙なラケットの違いもプレーヤーが練習中にアジャストできるようになるということもあるのですね。
勉強になります。

プロや試合慣れしているアマチュアの方は皆2本(3本?)ぐらい同仕様のラケットをもつようにしているのでしょうか。一方のガットが切れた時は他方もあわせて張り替えるのでしょうかね。

いろいろと参考にさせていただきますね。


Posted by テニスマン at 2007年08月16日 03:08
テニスマンさん、深夜のコメントどうもです。

ちょっと補足です。
ハードコート用のシューズでクレーコートや人工芝でのプレーは滑りやすく不向きです。反対にクレーオムニ用のシューズでハードコートで使用すると磨耗が早い欠点があります。オールコート用と歌われているシューズも有りますが、必ずしも万能では有りません。シリアスプレイヤーであれば、やはりサーフェスにあわせたシューズを用意したほうが良いと思われます。
 ラケットについて有料の試打会がお勧めです。主要メーカーの最新ラケットが100本近く試打で来ます。著名なラケットドクターの方がお勧めのラケットを一人一人診断してもらえます。コチラを参考にhttp://www.racketdoc.jp/
同じモデルのラケットを2本以上持って、ストリングのセッティングを若干変えるケースが一般的だと思います。その日の調子に合わせて、今日は硬め、軟らかめと選択することも出来ます。また不意にガットが切れた時のスペアという意味もありますね。
ガットの性能もしっかりと打ち込む人にとっては、1日も使うと張り上がりの性能から全く変化してしまうことが分かります。ガットが切れてから張り替えるのではなく、ガットの性能が落ちたと感じたら張り替えるということになります。
ご参考までに。
Posted by テニスリゾート99 at 2007年08月16日 07:01
テニスリゾート99さん

コメント補足ありがとうございます。
やはり1つのシューズで全サーフェースを兼ねるのは、何かを妥協するしかないのですね。

また、
同じラケットを複数持つのはまさかのときの備えだけでなく、ガットの強さを変えておいてその日の調子で適したラケットを使うという意味合いもあるのですね。
勉強になります。

またご指摘をお願いしますね。
Posted by テニスマン at 2007年08月18日 19:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51464925

この記事へのトラックバック

ロットフットサルブランド”カルチェット”
Excerpt: 安いですし品質もよかったです。やっぱり靴は軽いに限ります。モノは確実にいいんであとはいかに安くなっているかでしょうo(^_-)O最初は少しきついかと思ったが、しばらくすると足に馴染んできて、お買い得で..
Weblog: シューズの感動
Tracked: 2007-08-16 07:36

首に巻いて熱射病対策!!NEW ダンロップ マ
Excerpt: ●選べる2色でスタイリッシュに巻こう!!カラー/ブルー・レッド素材/綿100%サイズ/16cm×120cmMADE IN JAPAN・リストバンドの役割とは・テニス用品あれこれ・掃除機 ディスカウント..
Weblog: テニスがたくさん
Tracked: 2007-09-05 05:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。