2007年07月07日

テニスの戦略

省エネテニスについて紹介しましたが、

通じるものとしてテニスの戦略があります。


年を重ねると、力での勝負でなく戦略で勝負しなければなりません。

非力な人もそうですね。

banner2.gif <=人気blogランキング。投票してね!


力で押しまくり、相手が弱いボールを返してきた時打ち込む

これも1つの戦略です。

でも、これでは面白くありません。

というより、誰でもできる戦略ではありません。



中高年からの戦略は、詰め将棋のように考えていくことですね。

こう打ったら、高い確率でこう返ってくるから

こう返す


というのを重ねていくのです。


予想どうりになったら、

勝利も偶然ではなく必然ですよね!

今、盛り上がっているウインブルドン。

力でなく明らかに戦略だけでとるポイントがあります。

その時はう〜んと唸らされますね!




こんなもの、見つけました。
仕事や運動の後の癒しによいかも。。。しれませんね!


マッサージキャンドル登場
キャンドルがマッサージオイルになる!
100%天然成分、保存料不使用で安心。


posted by テニスマン at 21:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは。40代でまだまだテニスを頑張っている方ってたくさんいるもんなんだなぁとブログを見るようになって知りいい刺激になっています。「テニスの戦略」なるほどな〜と感心しました。僕はせいぜいこう打ったら次はこうしよう位の事しか考えていなかったので相手に合わせて展開が読めたらもっと楽にプレーできるかもと思いました。先日おばさん方(という言い方は失礼なのかな?自分はもうおじさんなので抵抗はないのだけど)とミニゲームをする機会があって彼女達のコート内での動きのよさに感心したのですが、きっと先を読むことに慣れているのでしょうね。体力的にはとっくにピークを過ぎているのだから、やっぱり頭も使わないと上達の道は遠いんだろうなぁ。
Posted by パオパオパパ at 2007年07月08日 08:11
パオパオパパさん

ブログへの訪問とコメントありがとうございます。
大変励みになり、うれしいです。

本当におば様方、おじ様方はすごいと思います。
(自分もおじさんではありますが (^^ゞ)

特にシルバー世代のひとはすごい。
無駄な動きがないというか。

たとえば、このポジションから打つまでにあと4歩しか動いてはいけないというルールがあったら彼らは優勝候補ですね。
最短のルートで最高の位置まで体を動かすことにたけていると思いますね。

私はまだまだ余計な動きが多いです。
見習いたいと思いますね。
またご興味があれば、是非みにきてくださいね!
Posted by テニスマン at 2007年07月08日 08:45
戦術を考えられるようになると、テニスの面白さがまた違ってくるみたいですね。
私は戦術以前に、もっと技術の正確性を高めないといけないんですが・・・。(^^;)

コーチとのラリーの時に「バーンと(力で)打つボールだけじゃなくて、相手に(どんなボールを打つか)考えさせるボールを打たないとだめだよ」って指導されました。
ふんわりしたボールを相手の足元に落として、迷わせたりするのもミスを誘ういい戦法なんですね。

うーん、テニスって奥が深いですわ〜。
Posted by at 2007年07月09日 19:24
和さん

いつも訪問いただきありがとうございます。

”相手に考えさせるボールを打つ”

う〜ん。面白いですね。
ついつい自分がどう打つか、それを相手はどう返すか
を考えようとしてしまいますが、

相手をうろたえさせるような奇襲攻撃も面白そうですね。目から鱗ですね。

今度試してみますね。
Posted by テニスマン at 2007年07月09日 21:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。