2007年06月29日

省エネ・テニスのすすめ

年齢を重ねてくると、
悲しいかな、力の勝負には持ち込めなくなります。


たとえば20代の男性に40代の男性が勝とうと思えば、
一般的に、力と力の勝負は避けるべきですよね。

年齢差だけでなく、体格のよいアメリカ人と日本人の場合でも
同様です。

小柄で非力な日本人は同じ土俵での勝負は避けたほうがよいでしょう。
相手によって自分に有利な戦い方を選ぶのが重要だと思います。


banner2.gif <=人気blogランキング。投票してね!



そこで意識するのが省エネ・テニス。

聞こえは悪いですが

”最小限の力で最大限の効果を目指すもの”です。

たとえば、

得てして腕力に頼っていたフォアストロークを年齢と共に

体重移動を主体とし最適なタイミングで打つように進化させていくのです。

また今まで以上に組み立て戦術を徹底することです。

相手の強打したトップスピンに対しては
  スライスで返す。
  面を合わせて返す。
  ライジングで返す。
いずれも相手の力を利用して返していきます。

このように意識すると、
 スライスで返すことで自分の体制を立て直す時間ができますし、
 面を作ったり、ライジングで打てば、相手が身構える時間を与えな いメリットがあります。

つまり自分のフットワークの劣ったところを補うことができます。

省エネ・テニスを極めれば、まだまだ私にも勝機がありそうですね。


ところで、、、、
最近ブログは、写真が効果的に使われているもの多くなりましたよね。

収穫した初取り野菜なんて、
”見てのとうり”って写真のせちゃう方が手っ取り早いですよ。

言葉での表現には限界があるしね。でもきれいな写真でナイト逆効果ってことも。。。
そんな時のお助けマンがこちらですね。
    ---->ブログの写真を簡単キレイに無料で補正!
posted by テニスマン at 18:13 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。
テニス頑張って下さい!
Posted by ZIG at 2007年07月02日 23:42
コメントありがとうございました!
ともに40代のテニス、情熱を傾けていきましょう!
私もポチッと応援していきます。
Posted by ani at 2007年07月03日 09:29
ZIGさん

訪問ありがとうございます。
隣のコートの人が顔見知りであることが多いということは、テニスする人は最近減少傾向なのでは、、、
と思ってしまうのは私だけでしょうか?

テニス愛好家の和をお互いに大切にしたいですね。
また、ブログみにきてくださいね。
Posted by テニスマン at 2007年07月03日 15:56
aniさん

コメントありがとうございます。

フットワークが衰えないように走りこみたいと思ってます。40代でもまだまだがんばりましょうね。
Posted by テニスマン at 2007年07月03日 21:52
省エネテニス、同感です!
私も40で始めたテニスなので、これからは体力は下降線をたどるわけなので、相手の動きを読んで先に動いたり裏をかいたりして、最小限の力でできるようになりたいです。
女性の場合、それは普通の試合でもかなり有効みたいですね〜。

年を重ねてもゲームを楽しめるように、今のうちから省エネテニスを身につけられるようがんばりましょう♪
Posted by at 2007年07月03日 22:38
和さん

コメントありがとうございます。
年齢を重ねるごとに効率的な動きを磨くことは、本当に有効ですよね。
相手の動きをよむなど頭を使うこともそうですよね。確かに男性より非力な女性にとっては重要かもしれません。
いつまでもテニスを楽しむために、よい意味での省エネテニス、極めて行きましょうね。

でも、本当にうまくてかなわないシルバーテニスプレーヤー。
いますよね。
Posted by テニスマン at 2007年07月04日 06:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。