2007年04月26日

初心者から初級者へ

初心者は、バウンドにあわせてフォアハンドの打ち合いができるまででしょうか。

さらに上達するためには、ストローク練習の数をこなすしかありません。
並行してジョギングやウオーキングをするといいでしょう。体力がついてフットワークもよくなります。
ラリーが長く続くと、楽しさも加速してきます。

そしてその次は初級者です。
この頃から打ち方のバリエーションを増やしていく段階はいります。

1.フォアハンド・ストローク
2.バックハンド・ストローク
3.ボレー
4.サーブ


ここまでマスターすると、とりあえずゲーム(試合)ができますね。
ゲームが楽しくなる段階が、初級者じゃないかと思います。

ゲームには、シングルス、ダブルスがありますが、最初はダブルスからはじめますよね。

次回は、
”ダブルスのゲームとテニスのレベルの関係”
のをお話しをしたいと思います。

posted by テニスマン at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。