2007年07月13日

サーブのバリエーション

サーブには3種類があります。

1.フラットサーブ
2.スライスサーブ
3.スピンサーブ



このうち1.2はファーストサーブで打つ攻撃的なサーブ
3はセカンドサーブで打つ確率の高いサーブ

です。

banner2.gif <=人気blogランキング。投票してね!

初級者や中級者でスピンサーブを打てない人は、
は緩いフラットサーブをセカンドサーブで打ちます。
でも、
ダブルフォールとの確率を低くするためにはスピンサーブをマスター
することが有効ですね。
プレッシャーのかかったセカンドにはスピンサーブが必要です。


さて、
3種類のサーブすべて打てる必要があるでしょうか。

私は、1,2はどちらか1つマスターすればよいと思います。
特に練習量が少ないアマチュアの場合、いずれかひとつでも確率を高くするほうが得策だと思うからです。

ボールの強弱と狙えるコースのバリエーション増やすだけでも、効果ありですよね。

自分の勝ちパターンを固めるためにまず1.2のどちらかに絞ってみるのはよいと思います。

でもセカンドサーブは確率の高いスピンサーブですよね。
緩いフラットは最初からチャンスボールを上げているようなものですからね。

しかし、スピンサーブって

腰に辛いっす!。。。。 (^_^;) 


最近、
ダイエットにも基礎代謝アップにも効果がるといわれるホットヨガ!
ご存知ですか?
ホットヨガで自分磨き、してみるのはいかがですか。


----> http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=163LKE+3L731U+1DME+62U37

posted by テニスマン at 18:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月11日

テニスの上手な人

シルバー世代の人で

上手なテニスプレーヤーをよくみかけます。

その人たちの共通点ってありますよね。

1.ボレーがうまい
2. ポジショニングが絶妙
3.試合慣れしている


などでしょうか。


banner2.gif <=人気blogランキング。投票してね!


ボレーは、強打をしないですし、確率が高く正確です。

ポジショニングも上手ですよね。
試合相手の立場からすると、前衛などは本当に打ちにくいところに立ってますよね。
それにココに打たれたらいやだなというところに打ってきますね。
まわりが良く見えているというか。。。。

そして、
総じて、試合慣れ をしているのでしょうね。

”試合勘をつける”

すべてはこれなんだと思いますが、

こればかりは、試合数をこなすしかないんでしょうね
きっと。。。。


幻の焼酎、ちょっと興味ありませんか・・ ---->
納得できなければ全額返金!『森伊蔵等の幻の焼酎・日本酒』を安価で買い揃える方法! (^е^) 


posted by テニスマン at 03:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月10日

今年のウインブルドン男子決勝!

フェデラーが5連覇を達成しました。

すごい!

拍手喝さいです。


しかも、5連覇までの5年間、ウインブルドンでフルセットを経験したのは

今回の決勝で初めてというのですから

いかに頭一つ抜きに出ていたかわかりますね。


でも今回の決勝は、ナダルの強さも目立ちました。

ストローク戦は明らかに押していたし、

圧巻は、サービスライン際に落とされた短めのボールを、

強烈なトップスピンで巻き込むように振り切る攻め方は

自分ではできないだけに憧れますね。


しばらく2強時代、

続きそうですね。


banner2.gif <=人気blogランキング。投票してね!

さて、

今回の決勝で歴代の優勝者が観戦に来ていましたね。

40代の私にとっては

やはりウインブルドンで5連覇したビヨンボルグ

神様のような存在ですね。

殆ど変わらない容姿で、かっこよかったです。


昔活躍した人が当時のイメージを崩すことなく登場するのは

ファンにとっては嬉しいものです。



一昔前、引退して数年たったボルグがエキジビションマッチに出場した時、

まったく現役時代とかわらない引き締まった体型で、

颯爽とプレーしていたことがありました。

元チャンピオンとして無様な試合はできないという彼のプライドが

入念な準備をさせたんですね。 きっと。。。。

ファンにとっては嬉しいものですね。


しかし、今回は観戦してただけだけど。

かっこよかったなあ〜〜。 ”ボルグ”

さて、
写真を掲載するブログ、増えてきましたね。
写真をきれいに見せるにはコレ!ですね。
----> ブログの写真を簡単キレイに無料で補正! 



posted by テニスマン at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月08日

テニスと怪我

まだ30代の頃のことです。

月1テニス(サラリーマンのゴルフみたいな)をしていました。

高校の同級生と修善寺にテニスをしにいきました。

その時の出来事です。


banner2.gif <=人気blogランキング。投票してね!


軽くウオーミングアップして、ストローク練習で体慣らしをしました。

最初は体の動きも鈍く、尋常でない量の汗をかき

足がパンパンに張って絶えれなくなりました。


少し休んでまたストローク練習をすると体も慣れてきたせいか

フットワークもよくなり、これはいい調子と、友人とシングルスの試合を始めました。

試合の動きも思い出し、20代の頃のようにサーブ&ボレーを仕掛け

るようになった時です。

気持ちよくポーチをきめて試合に勝った瞬間でした。

ビっと体の中で音がしました。

肉離れです。しかも重度の。。。


何が起こったかわかりませんでしたが、ただこれはとんでもないこと

になったと直感で思いました。


案の定、修善寺から埼玉の自宅まで、友人にマイカーを運転してもらい私を含め、送り届けてもらい

それから約3ヶ月、松葉杖で会社に通いましたね。


肉離れは文字どうり筋肉の繊維が切れる怪我です。

筋肉の切れ具合により軽〜重度まで幅広くあります。私の場合、明らかに重度でした。

経験したことのない人は”足がつった感じ程度”と思っている人がいますが、

とんでもないことです。

骨を折るよりも痛いと思いますよ。


それから私は2年間怖くてテニスできませんでしたね。

復活してからの私のテニスは、プレー前の準備体操、ストレッチはかかさなくなりました。

そして何よりもとっさに体がボールに反応する動きはしなくなりました。

どんなプレーでも”まず頭で体に動くよ”と確認して動く

それがあたりまえになりましたね。


よく言えば考えて予測するテニスへの移行といえるのかな?


皆さんも。
自分の体力や、体を過信せずに

十分ストレッチや準備体操

してくださいね。 (*^ー’)b



ところで、

40代にもなると、健康管理が気になりますね。
お酒でもそうです。
私のまわりでも、痛風、糖尿病を気にして
ビールから焼酎に切り替える人、増えてきました。

そこで、こんな情報商材を見つけました。
STOP!!オークションなどでプレミアの付いた「焼酎」や「日本酒」を買うのは今すぐやめてください。『魔王』『森伊蔵』『十四代』などの“幻の酒”をどこよりも安価で買う方法があります。 


どうせ飲むなら銘酒といわれる地方の焼酎。手に入ると嬉しいですよね!
posted by テニスマン at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月07日

テニスの戦略

省エネテニスについて紹介しましたが、

通じるものとしてテニスの戦略があります。


年を重ねると、力での勝負でなく戦略で勝負しなければなりません。

非力な人もそうですね。

banner2.gif <=人気blogランキング。投票してね!


力で押しまくり、相手が弱いボールを返してきた時打ち込む

これも1つの戦略です。

でも、これでは面白くありません。

というより、誰でもできる戦略ではありません。



中高年からの戦略は、詰め将棋のように考えていくことですね。

こう打ったら、高い確率でこう返ってくるから

こう返す


というのを重ねていくのです。


予想どうりになったら、

勝利も偶然ではなく必然ですよね!

今、盛り上がっているウインブルドン。

力でなく明らかに戦略だけでとるポイントがあります。

その時はう〜んと唸らされますね!




こんなもの、見つけました。
仕事や運動の後の癒しによいかも。。。しれませんね!


マッサージキャンドル登場
キャンドルがマッサージオイルになる!
100%天然成分、保存料不使用で安心。


posted by テニスマン at 21:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月05日

テニスの級?

一般的に初心者、初級、中級、上級というレベルわけがあります。

中級と上級の間に中上級があったりもします。

でも、これはテニススクールを運営するためのもので、

同等のレッスンをするのに適したグループをつくるためのもの

でしかないですよね。

しかも主観的なレベルわけですよね。


banner2.gif <=人気blogランキング。投票してね!



テニスの技術レベルをはかるものがあれば

励みになりますし、上級を目指すための練習のポイントが明確になって

やりがいが出てきますよね。

たとえば、スキーのバッジテスト(指導員、準指導員、1級、2級等)スイミングスクールの級わけ、のようなものですが、、、



フォームがきれいでも試合に強くなければ上位の級とはいえないという考えもあるかと思います。

そういう意味では、

技術だけでなく、フットワーク精神力の3つが総合的に評価されればよいのではないでしょうか。

たとえば

技術では、
ストローク(トップスピン、ドライブ、スライス、ライジングショット)、ボレー(ドロップボレー)、サーブ(スライス、スピン)、スマッシュ、ロブなどの評価ポイントを明確にする。
また球出しのスピードやコース等も級によって変えて評価する。

フットワークでは、
何回続けてできるか。
どのくらいの耐久性に耐えられるか。

精神力では窮地に立った時の対応力を評価する。(コーチと対戦してどれだけ抵抗できるかで判断)

などなど。。。


難しいかなあ〜

せめて
技術だけでも、明確な評価基準が欲しいですね!


ところで、
最近ブログの写真掲載が多くなりましたよね。
でもきれいな写真でないと興ざめですよね。

そんな時に助けてくれるのがこちら
---->ブログの写真を簡単キレイに無料で補正!
posted by テニスマン at 01:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。