2007年04月30日

初級者と中級者のペアリングの心得(2)

今度はダブルスで、初級者と中級者が組む時の中級者の心得です。

 【(初級者と組む)中級者の心得】


・自分のポイントだけで勝つと考えること。

 --->味方は初級者です。自分よりもミスが多いのは当たり前です。すべてポイントが取られるものとおもってください。他力本願しないと、味方のミスも気にならないものです。

・ペアの相手(初級者)をリラックスさせること。

 --->味方が萎縮した状態にすることが、チームにとっては不利な状況です。ミスした場合、積極的に声をかけましょう。ミスを責めるのでなく、その後のプレーが積極的にできるようにてあげることは必要です。根本的な動きの間違いはぐらいは指摘し気づかせてあげましょう。


・自分のミスを最小にすること。

 --->味方は初級者です。自分よりもミスが多いのは当たり前。
テニスはミスが少ないチームが勝ちます。ダブルスはチーム戦ですのでペアの合計のミスの数を少なくすれば良いのです。
初級者のミスが多い分、自分のミスを極小化し、ペアの合計のミスの数を減らすのです。


たとえば、サーブする側では中級者がサーブするゲーム、初級者がサーブするゲームがあります。自分のゲームをキープすれば負けることはないのです。
つまり、あなたのサービスゲームはあなたのミスを減らせば取ることができます。

そのことに集中しましょう。初級者のサービスゲームはとれたらもうけものです。ただし、その時もあなたのミスが原因で初級者のサービスゲームを取られないようにしてくださいね。


レシーブする側なれば、ファーストタッチする(サーブを受ける)人は交互になります。自分がファーストタッチするときのプレーをしっかり取ることです。

レシーブのゲームは、初級者、中級者が交互に受けます。極端な話、自分のミスをなくし味方がすべてミスしても40‐40です。1ポイントでも味方の初級者がポイントしてくれれば勝てるのです。



自分がどれだけノーミスを続けられるかにチャレンジするゲームであると割り切ると、それも挑戦しがいがあって、おもしろいものですよ。

人気blogランキングへ <==投票お願いします。
 
posted by テニスマン at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

初級者と中級者のペアリングの心得

ダブルスで、初級者と中級者が組む時の心得です。

【初級者の心得】

・ペアの相手に遠慮しないこと。

 --->試合慣れしている中級者のとって、あなたのミスは計算づくです。きちんとストロークが返せたり、決めてもらえれば儲け物と思っているはずです。そう考えて”だめもと”と割り切れがいいのです。
   
・のびのびとプレーすること。

 --->初級者の時期にプレーするダブルスの試合、目的は”個々のプレーの練習”です。中途半端なプレー(ストロークでもただ当てに行くプレー、消極的なプレー)では上達は期待できません。練習と同じ気持ちでのびのびプレーしましょう!練習と同じストロークができることを目標においてください。

とはいっても、なかなかこのような気持ちをもてないこともあるでしょう。
それは多分、自信がもてないからだと思います。

自信がない=思い切ったプレーができない

というのには、2つ理由があると思います。


1、1つ1つのプレーに自信がもてない
2、ダブルスの動き方、ゲームの進め方(ルール等)わからなくて自信がもてない


は、初級者の心得を参に克服してください。
のダブルスの動き方、ゲームの進め方(ルール等)は早く覚えてくもらうしかないですね。

それだけでも おどおどしたプレー がなくなり、楽しくプレーできますよ。

人気blogランキングへ <==投票お願いします。

posted by テニスマン at 06:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月29日

ダブルス・ゲームに勝つために。。

”定石どうりにプレーすること”です。

つまり、必ず優位になる選択をとることです。

思いつくところで以下の4つがあげられます。


・試合で選択権を与えられたら、必ずサーブを選択する。

 --->苦手意識から相手にサーブを譲っていませんか?
   ストロークは1回ミスすればポイントをとられますが、サーブは二回チャンスがあります。これだけでも優位です。   みすみす権利を放棄することはありませんね。
   

・サーブのチームは、サーブ&ボレー、レシーブのチームは、レシーブ&ボレーすることを原則にする。

 --->二人並んで前に詰めるフォーメーションが優位な体制です。サーブ/レシーブいずれのチームでもこのフォーメーションになれるチャンスがあればトライしましょう。

・ファースト・ボレーは返すだけ(決めにはいかないこと)

--->ファースト・ボレーはサーブ・チームは3打目。レシーブ・チームは4打目です。通常ベースラインから、サービスラインに詰めながらのボレーになりますので、万全の体制でボレーはできません。ネットを越すだけで十分と考えてください。
ベースラインに近く、深い玉をいれることができればそれで十分なのです。
 目的は、サービスラインに2人並んでたてるフォーメーションをつくること。決めにいく必要はありません。早く優位なフォーメーションになることです。
 
  

・サーブやストロークではエースを狙わず、ボレーで決める。

 --->ダブルスはボレー&ボレーのゲームです。それが醍醐味です。
ボレーをするためのつなぎと考えることです。


これだけを徹底できれば勝利に近づくことができると思います。


人気blogランキングへ <==投票お願いします。

posted by テニスマン at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月26日

ダブルスとテニス・レベルの関係

さて初級段階になるとゲームができるようになります。

ゲームには、シングルス、ダブルスとありますが、明らかにレベルによって動きが変わるのがダブルスですよね。

どちらのゲームも、サーブ、レシーブ、ストローク、ボレーのうまさで動きかたは多少変わりますが、

中級以上になるとダブルスの場合は、主役はボレーになりますよね。

1.常にペアが前衛と後衛に別れるのが初中級まで。
2.ペアが前衛(または後衛)に並ぶフォーメーションになるのが中上級以上


です。

明らかに、のフォーメーションをとれなければ、中級どまりです。

同じ実力のペア同士の試合で、1のフォーメーションのチームとのフォーメーションのチームが対戦した場合、
中上級のレベルであればのフォーメーションをとるチームが勝つ確率が高いのです。

理由は、のフォーメーションのペアが攻撃に出た場合、のフォーメーションのペアの穴が歴然としてしまうからです。
またのフォーメーションのペアが守勢にまわっても、のフォーメーションの相手から受ける威圧感がなく攻撃に転じやすいからです。

ですから、のフォーメーションをマスターすればのフォーメーションを取るチームには負けることはないことになります。

の方法をとった場合、ゲームの主役となる技術はボレーとなります。

ですから、

”レベルアップを狙うにはボレー練習”

ってことになりますよね!


人気blogランキングへ <==投票お願いします。

posted by テニスマン at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

初心者から初級者へ

初心者は、バウンドにあわせてフォアハンドの打ち合いができるまででしょうか。

さらに上達するためには、ストローク練習の数をこなすしかありません。
並行してジョギングやウオーキングをするといいでしょう。体力がついてフットワークもよくなります。
ラリーが長く続くと、楽しさも加速してきます。

そしてその次は初級者です。
この頃から打ち方のバリエーションを増やしていく段階はいります。

1.フォアハンド・ストローク
2.バックハンド・ストローク
3.ボレー
4.サーブ


ここまでマスターすると、とりあえずゲーム(試合)ができますね。
ゲームが楽しくなる段階が、初級者じゃないかと思います。

ゲームには、シングルス、ダブルスがありますが、最初はダブルスからはじめますよね。

次回は、
”ダブルスのゲームとテニスのレベルの関係”
のをお話しをしたいと思います。

posted by テニスマン at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月25日

テニスのはじめは。。。

私もそうでしたが、最初硬式テニスを始めた頃、
ボールがラケットにきちんと当たることに喜びを感じるものです。

その上、ラケットのスイートスポットに当たればさらに気持ちが良いものです。

次に、打ち合い(フォアハンド・ストーローク)を続けたくなります。
初心者同士だとなかなかラリーが続きませんよね。
上手な人(コーチ)に相手になってもらうと楽しみながら上達できますね。

私の場合、テニスを始めたのは大学からです。
加入した同好会は当然高校から始めている人もいたので、足手まといにならないようテニススクールにも加入し練習しました。

基本の打ち方を習ったら、とにかく数多くボールを打つことです。
それがテニスですね。

そこでハッと気づくこと があります。

まずテニスは打ち方よりもボールを打てるところに体を動かすフットワークの方が大切なんですね。
打つフォームがかっこよくても、ストロークの打ち合いをはじめると、ズタズタになるものです。

テニスは第一にフットワークですよね。

フットワークがいいのと、打ち方がうまいのとどちらか一方を選んでくださいと言われたら、
テニスに関しては、迷うことなくフットワークをとりますね。
フットワークが良い人のほうが試合に勝つんです。

それがテニスなんですよね。

人気blogランキングへ <==投票お願いします。

【気になる情報】
==> あらゆるスポーツにチャレンジしてみない?

posted by テニスマン at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

週末テニスはじめました!

久しぶりにテニスを再開しました!

学生時代テニス同好会に所属してましたが、それはもう20年以上前のこと。

体力も落ち、体重も増え、
いまやゴールデンウイークや夏休みなど、楽しみ程度にテニスを嗜む程度でした。

妻がテニススクール通いを始めたのをきっかけに、
昨年の8月以降、思い切って夫婦で市にテニス団体の会員登録し、週末テニスをはじめました。

テニス仲間も増え、体も慣れてきたせいか、楽しいテニス・ライフを満喫しています。

当ブログでは、テニスにまつわる生活、テニスゲームの楽しみ方、テニス仲間等のお話を盛り込んでいきたいと思います。

皆さんからも是非有効なテニス情報やコメントをお待ちしていまーす。。

よろしくお願いします!

テニスを上達するには==>
たった90日間であなたも日本ランカー!テニス超初心者でも実践出来る方法・完全マニュアル

人気blogランキングへ <==投票お願いします。
posted by テニスマン at 12:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。